根管治療の現状

日本が抱える根管治療の問題点

根管治療において今、日本では、ある問題が生じています。それは、保険診療による根管治療では十分な治療が行われない、という現実です。

ラバーダムを使う歯科医院の減少

ラバーダムを使って根管治療する時の成功率が約90%であるのに対し、ラバーダムを使わない時の成功率は約50%以下といわれます。これだけの差がありながらも、多くの歯科医院でラバーダムを使っていないという矛盾した現状があります。

多くの歯科医院でラバーダムを使っていない理由……それは、根管治療の保険点数が低いことに問題があるからだといわれます。特にラバーダムは平成20年から保険点数が0点に改正されたため、根管治療をすることによって赤字が出る可能性が出てきたのです。そのため、多くの歯科医院がラバーダムの使用を省略しているようなのです。

神谷デンタルオフィスを紹介します。当デンタルオフィスでは、ラバーダムを使用し、確実な根管治療をご提供しています。根管治療によって歯を生かすなら、当院におまかせください。

>>神谷デンタルオフィスの概要はこちら